たるいの日記

映画のレビュー中心?のその他気になるニュースを気になった時に紹介。

たるいの映画の点数の付け方

映画レビューなんかをみるとよく点数がつけられているのを見ます。

 

ただその点数って基準が曖昧だと思うしそもそも好みに大きく左右される面が大きいと思います。

 

そこでこれから映画レビューを書く上で私のつける点数がどういった意味合いを持っているかを記しておこうと思います。

・100〜91点

 超オススメ。好きなジャンルを問わずにとにかく観にいって欲しい。

 観にいって損はない、かつたるいの好みストライクで良いと感じた作品

 

・90〜81点

 オススメ。好きなジャンルを問わずに観にいって欲しい。

 観にいって損はない、かつたるいの好みから少しズレるけど良いと感じた作品

 

・80〜71点

 オススメ。好きなジャンルと合うなら観にいって欲しい。

 観にいって損はない、かつたるいの好みではないかもしれないけど良いと感じた作品

 

・70点〜61点

 まあまあ。映画を観に行く気分なんだけど何かある?って聞かれたらこれ観とけばいいんじゃないかなという作品

 

・60点〜51点

 まあまあ。ギリギリ観にいってもいいよと言えるラインの作品

 

・50点以下

 観に行かなくていい作品。熱狂的なファンだから義務で観に行くみたいな例外はある作品

 

以上になります。

基本的には51点以上と思って観に行くのでそれ以下になることは

ほとんどありえない優しい世界な点数の付け方になると思います。

以上たるいの映画の点数の付け方でした。