たるいの日記

映画のレビュー中心?のその他気になるニュースを気になった時に紹介。

日大アメフト事件について思うこと

 日大アメフト事件について動向は追ってたのですが日大側の会見が始まり、見解も出てきたみたいなのでこのタイミングで私が思うことを書き綴ります。

 

この事件についてはかなり対応についてもそうですが子供に対する仕打ちということで私は相当憤っています。

日大・内田前監督 ハッパかけたが「ああいうプレーをするとは予想できなかった」

headlines.yahoo.co.jp

 

リアルタイムで記者会見はみていないですが速報の記事を見る限りこの内容の謝罪をするには遅きに失したというのが率直な感想。

この謝罪をするのであれば事件発生直後に十分に宮川選手をケアした上ですべきでした。

 

真実がどうかという段階はすでに過ぎ去っていて今は世間の求める答えを日大側が認められるかどうかの問題になっています。

 

しかし被害者から被害届が提出された時点で罪に問われないようにする為には内田前監督としては行き違いがあったということで押し通すしかありません。

 

最初からここまで若者に対する仕打ちとしては最低最悪です。

これが教育機関に属する組織のやっていることと考えると吐き気がします。

 

日大さんサイドは現状学生の名誉回復よりも理事の保身を選んでるわけですが、

目の前のことがしっかり見えなくなってしまっているのは宮川選手ではなく日大さんサイドなんじゃないですかね。

 

日大さんサイドが宮川選手の名誉回復に尽力できないならなんとか周りが救済する方向になってくれればと思います。

 

成人になったばかりの、年長者からしてみれば子供みたいな人間に対してこんなことしてしまうとその後の人生絶望するしかないじゃないですか。

そういうことはあってはならないと思うんですよ。

 

時計の針は戻らないけどせめて前を向いて生きていけるようになってほしいです。

 

ということで日大アメフト事件について思うことでした。