たるいの日記

映画のレビュー中心?のその他気になるニュースを気になった時に紹介。

紆余曲折あったけど007最新作色々と決まったみたいで

「007」最新作にダニー・ボイル監督、正式決定 : 映画ニュース - 映画.com

クレイグの続投問題からめまぐるしく入れ替わる監督候補、果ては宙に浮いた配給権まで、行ったり来たりの連続でファンをやきもきさせてきた今作。前作「007 スペクター」で米ソニー・ピクチャーズの配給権が失効して以来、ソニーユニバーサル・ピクチャーズワーナー・ブラザース20世紀フォックス、アンナプルナの大手5社が世界配給権をめぐり争奪戦を繰り広げてきたが、同シリーズの製作を手がけるイオン・プロダクションズとMGMはこのほど、ユニバーサル・ピクチャーズと契約を締結。北米配給をMGMとアンナプルナ・ピクチャーズが共同で、北米以外の配給をユニバーサルが行うことで合意したと発表した。

(引用ここまで)

やっとこさ監督も決まったようで。そもそもクレイグに決まるまでもすごく時間かかりましたよね。

もうやりたくないと散々言いながらもやってくれるクレイグ、そういうの嫌いじゃないです。

噂にでていたトム・ヒドルストンでも見てみたいですけどね。次回ワンチャンお願いします。

 

007シリーズはピアース・ブロスナン版とダニエル・クレイグ版、あとゴールドフィンガーくらいしかみてないにわかみたいなもんですが楽しみにしています。

 

なんとなくスペクターでクレイグ版は区切りついた感じするんですがどうするんでしょうね。