たるいの日記

映画のレビュー中心?のその他気になるニュースを気になった時に紹介。

マシュマロ実験再現失敗。

子どもの自制心が将来を左右するという「マシュマロ実験」が再現に失敗、自制心よりも大きな影響を与えるのは「経済的・社会的環境」 - GIGAZINE

つい先日友人にマシュマロ実験について説明されてググったりしながら概略把握した上で、

僕個人としては納得いってなかったのですが、

やはりそう思う人は研究者の中にもいたようでより大きな規模で実験をしたところ再現性がなかったという記事。

 

最後の方の解説を引用しますが、

今回の研究は「貧しい家庭の子どもは将来への保障が裕福な家庭の子どもに比べて少ないため、2個目のマシュマロを得るためのモチベーションを得にくい」ということも示されています。貧しい家庭の子どもは「今日食べ物があっても明日はないかもしれない」という可能性が常にあり、経済的な理由から「買ってあげる」いう約束が破られることも考えられます。

一方で、学歴が高く裕福な両親を持つ子どもは経験から「大人は食べ物を所有するだけのリソースと経済的な安定性を持っている」ということを知っているため、「喜びを先延ばしする」ということが比較的簡単にできます。

(引用ここまで)

これが単純明快すぎる。

自制心は行動原理から育まれるものですからね。

約束を破られるという可能性はすごくリアリティを感じました。